所沢の工務店 加藤建築

施工実績

NEW! 【清瀬市 注文住宅】ヒノキの大黒柱がある無垢の家 埼玉県清瀬市野塩 K様邸

施工内容

場 所 埼玉県清瀬市野塩 間取り 4LDK
建物種別 戸建 費用(万円)
面 積 工 期

無垢杉のフローリングが鮮やかなリビング。空間の中心にはヒノキの大黒柱が佇む

古き良き日本家屋をイメージした外観。屋内は、注文住宅ならではの使い勝手の良い間取りと機能性を両立

リビングダイニングの中央に配置されたヒノキの大黒柱は、K様邸の象徴的な存在。

K様邸は、清瀬市の住宅街にあるお住まい。在来工法で、無垢材をふんだんに用いながらも、機能性・快適性を重視させたいという施主様のご要望に基づき、当社が設計・施工を請け負いました。間取りは4LDK。いたるところに無垢材を配し、木に抱かれた住環境を実現しながらも、現代の住宅には欠かせない防寒対策として、全館空調・樹脂サッシを取り入れ、家全体を冷暖房し、その空気を逃さない工夫を施してあります。

K様邸のメイン空間ともいえる吹き抜けリビングダイニングは、約45平米のゆったりとした空間。南向きで採光性が高く、その中央には、「家族を見守ってくれるように」という施主様の希望で、大黒柱を配置しました。大黒柱は、ヒノキ材で、240ミリ(通常は105ミリ)の太さのものをご選択。自ずと、視界に留まりやすく、文字どおり、リビングの中央で、ご家族をやさしく見守っているようなたたずまい。フローリングには、無垢杉を採用。塗料は、米ヌカを用い、防木などには同じく自然由来のホウ酸を用いるなど、人に優しい材料を用いております。

木の香りに包まれた室内。無垢材をいたるところに配し、その優しい肌触りも心地よい。

熟練の職人が手掛けた伝統工法による和室。来客時の客間やちょっとした寛ぎスペースとしても大活躍

細かい手仕事が要求される伝統工法による和室。竿天井の木目が美しい。

和テイストのK様邸の2つめの象徴的な空間が、1Fにある和室。昔ながらの伝統的な工法で、竿縁天井(さおぶち)を採用しております。高い技術が必要とされるため、伝統的な和室を施工できる工務店は、数が少なくなってきておりますが、熟練大工が在籍する当社では、問題ありません。部材となる木のクセを見極め、もっとも木目が映える組み方で竿天井を施工いたしました。

また、こちらの和室以外にも、家内のいたるとこに、無垢材のテイストを取り入れたつくり。大黒柱の横にある筋交い(まつ材)は、壁で覆わず、あえて見せる形に、階段にはヒノキの段板。2階手すりや防木には、無垢の杉材を使用。施主様が希望された「和テイスト」を無垢材によるやさしさで身近に感じることができる雰囲気を心がけました。

全館空調を導入し、大幅に電気代を節約!断熱性を重視し、冬は暖かく、夏は涼しい!

サッシには、気密性と断熱性に優れた樹脂サッシを採用。屋内の温度を一定に保つ効果

広々としたウッドデッキ。造作のフラワーボックスはエアコン室外機を囲うように設置。

K様邸では、当社の御提案により、全館空調を採用させていただきました。全館空調とは、エアコンを一階の天井に設置し、エアコンから送風される冷暖の空気を一階・二階の床下に送り、床下にある送風口から空気を送風する仕組みです。各部屋の温度を一定に保つことでき、エアコンの台数も最小限にすることができるため、電気代を安くすますことができます。

床下にエアコンの空気を送風しているため、冬は床暖房、夏は床冷房のように床の温度もエアコンの設定温度とともに、変化します。竣工後、冬の季節に、メンテナンスにお伺いした際は、施主様より、電気代は月8,000円で、以前の住居の半額というお話をお聞きしました。サッシには、断熱性に優れ結露もしにくい樹脂サッシを取り入れ、屋内の温度が外気の変化に左右されにくい工夫を施しております。また、屋外のウッドデッキも当社の施工によるもの。横幅は1.8mで、デッキ部分は7帖の広々とした空間を確保。家族全員でバーベキューも楽しむことができます。


施工事例一覧に戻る

CONTACT US
お気軽にご連絡ください

0120-480-732
受付時間 10:00~18:00
加藤建築インスタグラム